サイアムエリアのルーフトップバーはここで決まり!

大型ショッピングモールが立ち並ぶサイアムエリア。このエリアに宿泊する方は多いのではないでしょうか。銀座を感じさせるほどの高層ビルが立ち並ぶサイアムエリアは、バンコクの眩いばかりのネオンを感じることのできるエリアでもあります。

そんなサイアムエリアで私が厳選したおすすめルーフトップバーを2店紹介させていただきます。2店とも違った趣があり、私のお気に入りのルーフトップバーですので、気に入っていただけると思います。

ルーフトップバーの概要を知りたい方は以下の記事にまとめてありますので、そちらを一度閲覧していただくことをおすすめします。

バンコクで夜景を楽しむならルーフトップバーに行くべし!

おすすめルーフトップバーMAP

地図_バンコク_サイアム_ルーフトップバー

レッドスカイ – Red Sky

RedSky08

『蓮の花』をイメージしたバンコクの超人気店!

5つ星ホテル、センタラ グランド アット セントラルワールド ホテル (Centara Grand at Central World Hotel)の最上階、54、55階に位置するのがレッドスカイ。バンコクのルーフトップバーといえばレッドスカイと言ってもいいくらい、バンコクで有名なルーフトップバーです。リバーサイドエリアにあるシロッコの『スカイバー』と並んで、バンコクの2トップといった印象。

シロッコの『スカイバー』は以下の記事で紹介しています。

スクンビットエリアのルーフトップバーはここで決まり!

360度開けた展望台は『蓮の花』をイメージしており、ここから見るバンコクの大パノラマは言葉を失うほどの美しさです!54、55階なのでサイアムエリアの他のどの建物よりも高い位置でお酒を飲めちゃいますよ!

セントラルワールドと直結しているのでアクセスしやすいのがいいところ。ドレスコードは厳しくなく、短パンやタンクトップ、サンダルでなければいいので、買い物帰りにさっと立ち寄ることもできちゃいます。

RedSky01

レッドスカイはルーフトップバーには珍しく、ランチの時間帯(11:30)からオープンしています。私はランチの時間帯に行ったことはありませんが、昼間のバンコクの景色もきっと美しいのでしょう。

私のおすすめする時間帯は16:00 – 17:00。この時間帯はハッピーアワーなので、飲み物を1杯頼むと、もう1杯が無料でもらえちゃいます。ルーフトップバーのドリンクは安くないのでこのサービスは結構嬉しい。サンセットを眺めながらのビールは最高です!!

他のサイトではハッピーアワーが17:00 – 18:00と記載しているところもありますが、2019年になって時間帯が16:00 – 17:00に変更になっているので、注意してください。以下、2019年版の公式プロモーションですので、添付しておきます。

Red Sky 2019年度版 公式プロモーション

メニュー

RedSky06

ドリンクは300バーツ台がメインなので、ルーフトップバーの中では比較的安いのではないでしょうか。さらにハッピーアワーだと1杯無料なのでかなりお安くお酒がいただけちゃいます。

料理はかなりお高めです。日本の高級レストランと変わらないくらいのお値段です。
ディナーが食べられるテーブル席は予約しないと入れないので、ディナーをいただく際は予約をお願いします。予約サイトはこちら

また、レッドスカイはソファ席やテーブル席がたくさんあるため、人が多いにも関わらず窮屈さを感じないでお酒を楽しめるのがGoodなポイントですよ。

ドリンクの料金
ビール 320バーツ(約960円)〜
カクテル 330バーツ(約990円)〜

ドリンクのメニュー表はこちら
料理のメニュー表はこちら

お店の詳細

店名 レッドスカイ – Red Sky
住所 999/99 Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok 10330
最寄駅 BTSサイアム、BTSチットロム
営業時間 11:30 – 1:00
電話番号 02-100-1234
E-mail
URL https://www.centarahotelsresorts.com/redsky/
ドレスコード スマートカジュアル

 

ザ スピークイージー – The Speakeasy

The Speakeasy01

1920年代のアメリカを感じる隠れ家的バー!

5つ星ホテル、ホテル ミューズ バンコク (Hotel Muse Bangkok)の24、25階に位置するのがザ スピークイージー。アルコールの製造や販売が禁止された1920年代のアメリカがモチーフになっている、他のルーフトップバーにない独特のコンセプトのルーフトップバーです。

戦争色が濃かった1920年代のアメリカは、宗教上の理由や女性運動家による禁酒運動、ビールは敵国ドイツの飲み物といった理由で、禁酒法が制定されていました。そんな時代に労働者たちが隠れてお酒を飲んでいた場所を“Speakeasy”と呼んでいたそうです。現代では”Speakeasy”は『レトロなバー』という意味で使われています。

The Speakeasy02

店内は1920年代のアメリカの面影が随所に見られ、見ているだけで楽しめます。木製のイスやテーブルを始め、屋上へ上がる際の隠し扉はアルコールの密売を匂わせるような雰囲気がとてもシックで格好いいさらには背後に流れるクラシカルなジャズ音楽も一層雰囲気を感じさせます。

バーがあるのは24、25階と低層に思えますが、サイアムの高層の街並みを縫うように眺めるのはそれは面白いものです。道路を走る車列向かいの高層ビルの灯など、普段あまり意識していないバンコクの雰囲気に、違った角度から触れてみることは、意外にも新しい発見があってワクワクします。超高層でないからこそ、隠れ家の魅力をふんだんに感じることができるのではないでしょうか。

もちろん隠れ家というだけあって、お客さんもさほど多くありませんので、「ゆっくりしたいな」と、ふと思った時に足を運んでみてはいかがでしょうか。

メニュー

The Speakeasy03

スピークイージーは他のルーフトップバーと比べてもドリンクがかなり安いのが嬉しいところ。ビールだと190バーツ(約570円)で飲むことができます。

スピークイージーの最大の特徴は、世界中のジン40種類以上も揃えている点です。以下のメニュー表にも丁寧に記載されていますが、好きなジンをチョイスして、好きな飲み方で飲むことができます。ジン好きにはもちろんですが、あまり詳しくない方でもメニュー表を見ながら注文して、自分好みを探してみても楽しいかもしれません。

ドリンクの料金
ビール 190バーツ(約570円)〜
カクテル 320バーツ(約960円)〜
ジン 320バーツ(約960円)〜

メニュー表はこちら

お店の詳細

店名 ザ スピークイージー – The Speakeasy
住所 55/555 Langsuan Road | Muse Deluxe Hotel / 24th-25th floor, Bangkok 10330
最寄駅 BTS チットロム駅(徒歩10 分)
営業時間 17:30 – 1:00
電話番号 02-630-4000
E-mail cgcw@chr.co.th
URL https://hotelmusebangkok.com/restaurants-bars/bangkok-rooftop-bar-speakeasy/
ドレスコード スマートカジュアル

おわりに

気に入ったルーフトップバーはありましたでしょうか。レッドスカイ、スピークイージー、どちらも欠かすことのできない私のおすすめのルーフトップバーを紹介させていただきました。その時の気分に合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

Have a nice trip!