【2019年版】タイの祝日・禁酒日はいつ?

タイでは祝日とともに、禁酒日というものが設けられています。旅行の際は、祝日はあまり関係ないかもしれませんが、禁酒日には注意が必要です。

禁酒日とは
酒類の販売が禁止される日のことで、禁酒日に酒類の販売をすると「罰金1万バーツまたは禁固6ヶ月」が店舗運営者に適用されます。レストランやコンビニなどで酒類を買えないのはもちろんですが、クラブやバーなど、酒類をメインで扱っているお店は営業していません。

2019年 年間祝日・禁酒日カレンダー

2019年カレンダー_祝日・禁酒日

クリックして拡大

禁酒日一覧

日付 説明
2月19日(火) 万仏祭(マカ・ブーチャ)のため
3月16日(土) 3月17日(日)にタイの選挙のため18:00 より酒類の販売が停止予定
3月17日(日) タイの選挙のため
3月23日(土) 3月24日(日)にタイの選挙のため18:00 より酒類の販売が停止予定
3月24日(日) タイの選挙のため
5月18日(日) 仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)のため
5月20日(月) 仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)の振替休日のため
7月16日(火) 三宝節(アサラハ・ブーチャ)のため
7月17日(水) 入安居(カオ・パンサー)のため
10月13日(日) ラマ9世記念日/出安居(オークパンサー)のため

注意
タイは禁酒日でなくても、以下の時間帯は酒類の購入ができないので覚えておきましょう!

  • 11:00〜14:00
  • 17:00〜24:00

祝日について知ろう!

日付 祝日 説明
1月1日(火) 新暦新年
(ワン・ピーマイ)
タイの各地で大規模な托鉢(たくはつ)※ が行われる日。実家に帰って家族でのんびりするのは日本と同じ!
※托鉢とは・・・僧が修行のため、鉢(はち)を持って、家の前に立ち、経文を唱えて米や金銭の施しを受けて回ること。
2月19日(火) 万仏祭
(マカ・ブーチャ)
ブッダの弟子1250人がブッダの説法を聞くために偶然集まったという奇跡を記念する祝日。
この日は禁酒日となっているので注意!
4月6日(土) チャクリー王朝記念日 1782年にラーマ1世がバンコクを首都とし、チャクリー王朝(現王朝)が開かれたことを記念する祝日。
今はチャクリー王朝の時代!日本の建国記念日に当たります。
4月8日(月) 振替休日 チャクリー王朝記念日の振替休日。
4月13日(土)
~15日(月)
ソンクラーン
(旧正月)
タイの旧正月を祝う日!タイ全土で「水かけ祭(ソンクラーン)」が行われます。バンコクでは歩行者天国となっているカオサン通りが最も盛り上がりを見せます。タイ全土で見れば、チェンマイが一番盛大とされています。お堀沿いの道路一帯で行われるため、本当に街全体がお祭り騒ぎ!
4月16日(火) 振替休日 ソンクラーン(旧正月)の振替休日。
5月1日(水) レイバーデイ
(労働者の日)
労働者の日として民間企業が休日となる日です。国際連合などによって定められた International Dayで、世界の80カ国以上が祝日と定めているそうです。日本ではあまり馴染みがないですね。この日は渋滞が治まって、移動には快適な日!
日程未定
(5月中)
農耕祭 「農民の日」として田植えの儀式が行われる日です。毎年、占星術によって日にちが決定されるため、タイ王国宮内庁官報で公告されるまでは日程がわかりません!
農耕祭で行われる「プートモントン」は2頭の「聖なる牛」が盆に乗せたコメ、とうもろこし、豆、ゴマ、草、水、酒から何を選ぶかによって、その年の作物の出来を占う儀式!
5月18日(土) 仏誕節
(ヴィサカ・ブーチャ)
お釈迦様が“生まれ”“悟りを開き”“亡くなった日”とされていて、とても神聖な日です。
この日は禁酒日となっているので注意!
5月20日(月) 振替休日 仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)の振替休日。
この日は禁酒日となっているので注意!
7月16日(火) 三宝節
(アサラハ・ブーチャ)
悟りを開きブッダとなったお釈迦様が、5人の弟子に初めて説教をした日です。
タイ各地でろうそく祭が行われます。おすすめはイサーンの東南部に位置する大都市ウボンラーチャーターニーのろうそく祭!高さ3メートルにもなる巨大ろう細工は圧巻!
この日は禁酒日となっているので注意!
7月17日(水) 入安居
(カオ・パンサー)
僧侶が修行のために寺にこもり始める日。毎年、7月半ばから10月半ばまでの3ヶ月間、雨季の寺ごもり期間と定めています。
この日は禁酒日となっているので注意!
7月28日(日) 国王誕生日 現国王であるワチラロンコン国王(ラーマ10世)の誕生日(1952年7月28日)を記念する日。
7月29日(月) 振替休日 国王誕生日の振替休日。
8月12日(月) シリキット王妃記念日
(母の日)
プミポン前国王の妻であるシリキット王妃の誕生日(1932年8月12日)を記念する日であり、「母の日」でもあります。この日が近づくと街では王妃への感謝を示し、建物や広場に王妃の写真や肖像画、紋章が入った旗を飾ります。王妃のラッキーカラーであるブルーの服を着た人が街全体を覆います。日本では母の日といえばカーネーションですが、タイではジャスミンの花を贈る風習です。「ジャズ民の遠くまでカオスその香りは、消えることのない母の愛を象徴している」と言われているそうです。
10月13日(日) ラーマ9世記念日 前国王であるプミポン国王(ラーマ9世)の命日。2016年10月13日に88歳で亡くなられました。
この日は禁酒日となっているので注意!
10月14日(月) 振替休日 ラーマ9世記念日の振替休日。
10月23日(水) チュラロコーン大王記念日 第5代国王ラーマ5世(チュラロコーン)の命日(1910年10月23日)。チャクリー改革などを通してタイを近代化させた名君として現代まで語り継がれています。
12月5日(木) ラーマ9世誕生日
(父の日)
前国王のプミポン国王(ラーマ9世)の誕生日(1927年12月5日)を記念する日であり、「父の日」でもあります。この日が近くなると街はイルミネーションや国王の写真、醸造がや紋章の入った旗、国旗などが飾られ、華やかになります。また、国王のラッキーカラーである黄色が街全体を覆います。
12月10日(火) 憲法記念日 1932年12月10日のタイ王国憲法発布を記念する祝日。
12月31日(火) 大晦日 いたるところでお祭り騒ぎ!